人生が変わる前兆を見逃さず、人生を好転させる “今すぐ” できる「2ステップ」

人生が変わる前兆

こんにちは。

突然ですが、あなたはこれまで「人生が変わる前兆」を感じたことはありますか?

 

もし、「感じたことがない」「身に覚えがない」という方は、ものすごく損をしています。

なぜなら、人生が変わる前兆を見逃すということは、言い方を変えればチャンスを見逃しているのと同じだからです。

ここで大事なのは、常に正しくアンテナを張り、人生が変わる前兆にしっかり気づくこと。

同時に適切な判断と、行動を取ることなのです。

実は私たちの身体は、細胞レベルではさほど大差はないと言われています。

じゃあ一体何がそんなに、収入の多さや、能力スキルの差をもたらしているかというと、ひとつは継続力にあると考えられます。

そして、もうひとつ大切なのが先ほども述べた「人生が変わる前兆を察知できるか」ということです。

つまり多くの人は、目の前にチャンスがあるのに、人生が変わる前兆があるのにもかかわらず、みすみす逃してしまっているのです。

 

今回のブログを最後まで読むことで、人生が変わる前兆を見つけ出す「ポイント」や、その時に必ず役立つ「考え方」

さらには具体的にどうすればいいかということもお伝えしていきますので、あなたの人生においてプラスをもたらしてくれるでしょう。

それではここからゆっくりと読み進めてくださいね!

 

 

人生が変わる前兆の前に起こる「転機」とは?

さて、ここで人生が変わる前兆の前に必ず起こる、転機について紹介します。

ここでは主に2つの転機をあげていきます。

 

転機① 自らの成長を実感した時

ひとつ目の転機が、自らの成長を実感した時です。

私もこれまで数多く経験しているのですが、周りの人と意見が合わなくなって来たり、今までと同じことをしてもなぜか物足りなかったりすることが多々ありました。

このような時は、まさに次のステージに向かう準備ができたと言っても過言ではありません。

ひとつ目が、自らの成長を実感した時です。

 

転機② 人生においての節目

人生においての節目とは、例えば学校が変わる瞬間や、転職など。

また、結婚するタイミングも節目と言えますし、子供が生まれるタイミングもそうです。

このようなタイミングの時には、環境も大きく変わる時でもあるので、同時に人生が変わる転機とも言えます。

これら人生の節目においても、人生が変わるチャンスと言えるでしょう。

 

 

人生が変わる前兆 5パターンのサインとは?

ここからは、実際の人生が変わる5つの前兆のサインについてお話ししていきます。

これからお話しする5つのサインを見落とさずに、察知し、正しく行動することでますます人生が好転していくでしょう。

 

人生が変わる前兆① うまくいっていたことが不調になる

なぜか分からないけど、人間関係や仕事で、今まではうまくいっていたことも、急にうまくいかなくなるタイミングがあります。

例えば、いつもは会話がスムーズに、楽しく話せている人と急に話が弾まなくなったり、今まで仲が良かった友達と急に仲が悪くなったり・・・。

私もこのことを知るまでは、なぜだろう?と深く考えていました。

しかし、これもある意味人生が好転するタイミングであり、転機なのです。

うまくいかなくなる原因は以下の通りです。

  • 周りの環境が変わっているのにもかかわらず、自分が変わらなければいけない事に気づいていないから
  • 自らが周りと比べて成長したので、今の環境が物足りなく感じているから
  • 何も変わらない毎日に対して、無意識に飽きてしまい、環境に対しての付き合いが適当になっているから

うまくいかない!と言って、やるせなさを感じているだけではもったいないです。

もしかしたらせっかくのあなたに来たチャンスを見逃してしまう事だってあります。

こんな時こそ、あなた自身が冷静に対処し、周囲の声、環境に合わせて柔軟に対処することも重要になります。

 

 

人生が変わる前兆② 今まで好きだったことや、仕事に対して興味が薄れる

もしあなたがこれまで、今まで好きだったことや、仕事に対して興味が薄れた経験をお持ちであれば、その時が転機の可能性があります。

私たちは無意識に成長をしています。

今までは楽しく打ち込んでいた仕事や趣味も、成長に連れて、慣れてしまったり刺激を感じなくなってしまいます。

つまりこの成長のタイミングこそ、人生が変わる前兆とも言い換えることができるでしょう

 

人生が変わる前兆③ 今住んでいる家や、環境を変えたくなる

特にこれといって悩みがなくても、今の環境を変えたくなるのは、あなたが自ら変わりたい!と思っている可能性があります。

この時に一番いいのは、やはり本能にしたがって行動することです。

環境を変えたり、引越しをするのは、新しい人生を歩む上で大きく好転する決断と言えるでしょう。

 

 

人生が変わる前兆④ 昔のことをよく思い出すようになる

あなたも経験ありませんか?

急に「昔は良かったなぁ」と思ったり、「あの頃に戻りたい」とつぶやいたり。

このように、昔のことをよく思い出すようになると、人生が変わる転機が近づいている可能性があります。

今すでに「満足です!」という人は、決して過去を振り返り「あの頃は良かったなぁ」と思うことは少ないと思います。

つまり、過去のことを思い出し、今と比較している時点で、現状を変えるための行動が必要な時で、さらに好転が起こりやすいタイミングなのです。

 

 

人生が変わる前兆⑤ とにかく眠くなってしまう

人生が変わる転機を迎える時に、多くの人が感じるのがとにかく眠くなることです。

これはあなたの潜在意識、無意識が「今こそ人生を変える時だ!」と感じ取り、無意識に考えたり悩んだりして脳が疲れて結果眠くなっている可能性があります。

同時に、人生が変わるタイミングでは、かなりのエネルギーを消費します。

その前準備として、身体が無意識に休ませているとも言われています。

しかし、もちろん単なる疲労の可能性も考えられるので、適度に休養を取って様子を見て欲しいと思います。

 

 

人生が変わる前兆を迎えた時の正しい選択をするために

人生が変わる前兆を迎えた際の、方向性は主に2つあります。

  • 今と同じ環境で、自らの行動や考え方を変える
  • 環境を丸ごと変えて、全く新しいことに挑戦すること

もちろん上記のどちらも考えられるでしょう。

なぜかというと、例え同じ環境だとしても、自分の行動や考え方を変えることで、人生の好転や成長する場合もあるし、周りの環境がガラっと変わることで好転する場合もあるからです。

 

ここからは、具体的にどちらの道に進むか?手順を追って紹介します。

 

 

ステップ1 とにかく思いつく限りの選択肢を書き出す!

メタ認知という言葉を聞いたことはありますか?

これは、自分を高い次元で見るということです。

実は、考えていることを紙に書き出すだけで、このメタ認知、自分を高い次元で見ることが容易にできてしまいます。

なので、ここでは、

  • 今と同じ環境で、自らの行動や考え方を変える
  • 環境を丸ごと変えて、全く新しいことに挑戦すること

それぞれの場合、どんな選択肢があるかをとにかく書き出してみましょう。

書くことであなたの脳内もスッキリ整理され、冷静に自分を客観視することができます。

 

ステップ2「不安」に感じていることや、反対に「希望」について書き出す!

ステップ1の選択肢を書き出したら、次は自分にフォーカスを当ててみましょう。

今どんなことで不安を感じているのか?

逆に、今どんなことに対して期待しているのか?

この不安と希望を書き出すことで、さらにあなた自身の潜在意識の奥にあるメッセージをキャッチすることができます。

ひとつコツがあるとすれば、短期的に考えるのではなく、長期的に考えることです。

どうしても今が辛い人は、「仕事をやめたい!」とか「この人と付き合いたくない!」とか短期的に物事を考えがちです。

そうではなく、長期的に考えることで、あなた自身が本当に進みたい道が「光」として見えてくるはずです。

もしここで、行動することに対して「迷い」がある場合は、その原因となっている要素をとにかく書き出して見ることをオススメします。

ここできちんと不安要素をあげておくことは、人生が変わる前兆を見逃さない意味でも、人生をよりよく好転させていく意味でも重要ポイントとなります。

 

 

人生が変わる前兆 まとめ

「人生」の画像検索結果

さて、ここまで読んでいただきありがとうございます。

あなた自身の人生を好転させるタイミング、チャンスを掴むには、やはり前兆に気づく必要があります。

「もし迷った際にどうしたらいいのか?」

そう思うかもしれませんが、最後にお伝えしたいことがあります。

それは、自分の声に従うこと。

この考え方が最も重要です。

もしつまづいたら、何度も紙に書き出して考え直せばいいのです。

そうしていくうちにだんだんと自分の脳内がブラッシュアップされて、その行動自体が人生の好転のきっかけとなります。

そして、「あっ、あの時が人生が変わる前兆だったんだ!」と気づく時が必ず来るはずです。

自分を信じて、行動してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました